Vライン 黒ずみ 原因

Vラインの黒ずみの原因は何?

Vラインの肌を再認識する時は、ビキニなど肌の露出をしなければならない時ですが、確認しようと思えば毎日のバスタイムに見ることができます。

日焼けをするような場所ではないのに、全体的に黒ずみがある、そう思う方は多いです。

 

黒ずみの原因は、ケア不足です。
デリケートゾーンの肌はきちんとケアをしていない方がほとんどでしょう。
スキンケアの範囲から外れている方も多いと思いますが、普段見えない、目にしない部位だからこそ綺麗に保ちたいと思っています。

 

Vラインは、実は毎日刺激を受けていると言っても良いです。
顔のスキンケアは、洗顔から気を使って、いろいろと美容成分のものを塗りますが、多分同じようにVラインも気を使えば、黒ずみもなくなっていきます。

 

顔が受ける刺激と言えば、紫外線などの外気、ホコリや汗です。
ではVラインはどうか?というと、下着などの繊維と汗です。
空気の通りが悪く閉鎖的な空間の上、もし下着が化学繊維のものを使用していれば、それが肌に触れるだけで大きな刺激になります。

 

顔は刺激に絶えられるよう、化粧水・乳液などを付けますが、Vラインはせいぜいボディクリームを塗る程度ですが、それも身体だけでデリケートゾーンには付けない方も多いかもしれません。
そう確認をしてみると、Vラインの皮膚が黒ずみになってしまうのは当たり前のことと納得していただけるでしょう。

 

顔には顔用、身体には身体用のケア用品がありますが、デリケートゾーン専用クリームなども多いです。
とても評判が良いのは、ピーチローズです。
お尻の肌のために作られた美容成分が入っていることから、色素を薄くしてくれるだけではなく、肌も柔らかくしてくれます。
日々の刺激に対して、保湿がきちんとできますから、黒ずみ防止にもなります。
美白クリームとして、お風呂上がりのVラインのケアを続けてみてください。

Vラインの黒ずみの原因は何?関連ページ

深刻なVラインの黒ずみは皮膚科へ
デリケートゾーンは、一生懸命洗ってしまう方か、あまり触れない方に分かれます。常に清潔にしたいところですが、だからこそ洗うけれど、擦ってはいけないんでしょ?と軽く洗うだけなど、それぞれのようです。ガールズトークでも洗い方で盛り上がる部位ではないですが、本当は他人の洗い方は気になるところです。
簡単Vラインの黒ずみが解消できるレーザー治療
デリケートゾーンの黒ずみが気になっている方も多いですが、デリケートゾーン専用クリームやジェルなども効果があります。しかし、即効性はないのです。 すぐにキレイになりたい方は皮膚科に行くと、クリームやジェルにはないハイドロキノンなどの美白成分の入った“本格的な美白クリーム”などを処方してくれます。
こんなにある!Vライン専用の黒ずみクリーム
現在、デリケートゾーン専用クリームは数種類販売されています。主なものとして、・ピーチローズ・ピューレパール・薬用アットベリー・イビサクリーム・ホワイトラグジュアリープレミアム・ハーバルラビットなどです。