Vライン 黒ずみ 皮膚科

深刻なVラインの黒ずみは皮膚科へ

デリケートゾーンは、一生懸命洗ってしまう方か、あまり触れない方に分かれます。

常に清潔にしたいところですが、だからこそ洗うけれど、擦ってはいけないんでしょ?と軽く洗うだけなど、それぞれのようです。
ガールズトークでも洗い方で盛り上がる部位ではないですが、本当は他人の洗い方は気になるところです。
というのも、Vラインは黒ずみが起きやすいので、ある時、なんとなく黒ずみを見つけて、他人はどうしているかを知りたいところでしょう。

 

あまりきちんと目にしたことないかもしれませんが、パンツのゴムの部分、陰毛が多い部分などは、黒ずみは多いかもしれません。
脱毛を繰り返している方も同様に色素沈着が起こっていることもあります。
Vゾーンに限らず、肌が黒ずむのは、メラニンの仕業です。
メラニンと言えば、シミなどを作る肌の防御色素ですが、Vラインでも、常に下着との摩擦、パンツのゴムの刺激、脱毛による刺激から肌を守っています。
その守る行為で、メラニンが発動してしまうので、黒ずみができるのです。

 

要するに、洗いすぎ、パンツのゴムのきつすぎ、脱毛の刺激が黒ずみを作っている可能性が高いのです。
そして、常にジメジメした 通気性の悪い下着中の環境など、常にメラニンが肌を守らなきゃ、黒くしなきゃということで、Vラインの黒ずみを作ってしまいます。

 

しかし、陰唇(脱毛エステなどで言うIライン)などは、自分でどうしようもないかもしれません。
単に刺激だけが原因ではなく、体質による原因で黒ずみになることが多いです。
陰唇が極端に大きかったり、黒ずみの程度ではなく、本当に真っ黒の方もいます。

 

Vラインの黒ずみや黒い陰唇は、パートナーから誤解を受けやすい症状です。
遊んでいると思われるのが悩みのタネになることも多く、男性は彼女のVラインが黒くて驚いた方もいるようです。
決して、遊びでそうなるとは限らないのですが、世間的にはそういう事になっている風潮もあります。

 

そこで、Vラインでも陰唇が黒く、気になるときには皮膚科に相談してください。
極端に黒い部分はカットをする手術ができますし、美白成分のケアのためのクリームなどもあります。
市販されているデリケートゾーン専用のクリームも効果がありますが、陰唇まではなかなか難しいと言われています。
このデリケートゾーン用のものは乳首の黒ずみにも使用できます。

深刻なVラインの黒ずみは皮膚科へ関連ページ

Vラインの黒ずみの原因は何?
Vラインの肌を再認識する時は、ビキニなど肌の露出をしなければならない時ですが、確認しようと思えば毎日のバスタイムに見ることができます。日焼けをするような場所ではないのに、全体的に黒ずみがある、そう思う方は多いです。黒ずみの原因は、ケア不足です。デリケートゾーンの肌はきちんとケアをしていない方がほとんどでしょう。
簡単Vラインの黒ずみが解消できるレーザー治療
デリケートゾーンの黒ずみが気になっている方も多いですが、デリケートゾーン専用クリームやジェルなども効果があります。しかし、即効性はないのです。 すぐにキレイになりたい方は皮膚科に行くと、クリームやジェルにはないハイドロキノンなどの美白成分の入った“本格的な美白クリーム”などを処方してくれます。
こんなにある!Vライン専用の黒ずみクリーム
現在、デリケートゾーン専用クリームは数種類販売されています。主なものとして、・ピーチローズ・ピューレパール・薬用アットベリー・イビサクリーム・ホワイトラグジュアリープレミアム・ハーバルラビットなどです。