vライン 黒ずみ レーザー

vラインの黒ずみ解消はレーザーじゃないとダメなの?

Vライン周辺に黒ずみができてしまうそもそもの原因はメラニン色素です。
メラニン色素は、からだがもつ自然の防御成分であり、刺激から肌を守ってくれる働きがあります。

しかし、色素という名前がしめすとおり、メラニンには色がついているのです。
そしてその色が黒であるため、黒ずみとして目に見えてしまうというわけですね。
デリケートゾーンへの刺激は、摩擦が主なものだとされます。

それは下着とすれあうことであったり、小さいことだとトイレットペーパーとのすれあいだったりします。
つまりは、日常生活で誰しも陰部に刺激を与えており、デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性が多いのにもうなずけます。
ムダ毛の処理もまた、その原因になりえます。

蒸れによる炎症をおさえるという意味では色素沈着の予防になるのですが、繰り返されるムダ毛処理は黒ずみの原因になってしまうという悩ましい事態です。
敏感で皮膚の薄い陰部に刺激を全く与えない生活は不可能なので、なるべく刺激をおさえることを心がけるといいでしょう。
そういった意味では、気にしないというのもひとつの対策です。
むやみに触りすぎない、ということですね。

自宅でできるケアとしては、デリケートゾーン専用の美白効果のあるクリームを使用することが挙げられます。
こういった商品は美白成分だけでなく、保湿成分など、肌にうれしい成分をふくんでいるので、黒ずみケアをしながら美容ケアを同時にできるのもうれしいところです。
また、自宅外でできるケアとしては、皮膚科で治療を受けることが挙げられます。

皮膚科では、市販されていない外用薬などを使った治療法を医師の指示のもと試すことができるので、効果が出るのはセルフケアよりも早いかもしれません。
また、美容皮膚科・美容クリニックなどと呼ばれる、美容面を重視したクリニックでは、レーザー治療を受けることもできます。
レーザーは、メラニン色素に反応し、それに熱ダメージを与えて徐々に破壊していくという効果をもつので、効率的な黒ずみの解消が望めます。

特にデリケートゾーン周辺の黒ずみに関しては、色素沈着だけでなく角質が厚くなるという症状を併発していることが多く、角質の奥の方にメラニン色素が定着しているケースも少なくありません。
しかし、レーザーならば肌の下ふかくまで届くので、奥深くのメラニンにもダメージを与えることができます。
難点があるとすれば、料金の高さでしょうかね。
セルフケアと比べれば、専門医での治療はどうしても料金が高めになってしまいます。
しかし長期的な目で見れば同じとも、むしろ安いと感じる人もいるので、そこは個人の判断にゆだねられます。

vラインの黒ずみ解消はレーザーじゃないとダメなの?関連ページ

vラインの黒ずみを解消したい!
vラインの黒ずみを解消したい!デリケートゾーン周辺の黒ずみを解消するには、まずその原因を知ることが大切です。黒ずみは、メラニン色素という色素の沈着によっておこります。メラニンは刺激を受けると生成される成分で、紫外線の刺激で肌が黒くなる日焼けも大きな意味でその色素沈着の一種なのです
vラインの黒ずみに美白クリームが効くの?
vラインの黒ずみに美白クリームが効くの?vラインまわりの黒ずみを解消したい、なんとか美白したいとお悩みの女性は多いです。気にしてゴシゴシ洗いすぎて、逆にその色素沈着を悪化させてしまっている例もあると聞きます。デリケートゾーンの黒ずみ対策を行うには、まずその原因を知る事から始めましょう
vラインの黒ずみを治したから薬局で探してみる
vラインの黒ずみを治したから薬局で探してみる。vラインの黒ずみをケアする商品は、実は薬局などでも市販されているほどメジャーなものです。つまり、それほど多くの人がデリケートゾーン周辺の黒ずみに悩んでいるということですね