vライン 黒ずみ

vラインの黒ずみが気になる!何かいい方法教えて!

vライン 黒ずみ ケア

vラインやデリケートゾーンの黒ずみにお悩みの女性は多いと思います。
部位が部位なので、なかなか人にも相談しづらいですよね。
黒ずみが発生してしまう原因はいくつかあります。

恐らくは一番多いと思われるのは、下着などとすれあうこと、つまり摩擦によるものです。
黒ずみは、メラニンという黒い色素によっておこるのですが、このメラニン色素には刺激から肌を守る効果があります。
ちなみに、黒人の皮膚が、アジア人や白人よりも強い理由のひとつがこのメラニン量の違いです。
メラニン色素が多いため、彼らの肌は、たとえ強い日差しにさらされようともダメージを受けにくいというわけですね。

そのような背景から、肌が何らかの刺激を受けると防御反応がおこり、前述したメラニンを生成したり、同時に角質層を厚くするなどして体は自然と対策をとります。
この摩擦が原因の黒ずみは摩擦黒皮症と呼ばれており、黒ずみが深い部分にできてしまうため、改善するのに時間を要します。
角質が厚くなることは、専門用語で過角化と呼ばれており、これが起きてしまうと、角質によるくすみや黒ずみもまた引き起こされてしまうのです。

摩擦による黒ずみ対策には、刺激の少ない天然素材の下着を選んだり、スキニージーンズなどの固くぴったりしたボトムスをなるべく避けることが挙げられるでしょう。
とは言ってもオシャレを諦めろと言っているわけではありません、脚をたくさん動かしたり、自転車に乗るなど、摩擦が起きやすいと思われる状況の時にそれを心がけるだけでも、だいぶ変わってきます。

もうひとつの原因としては、炎症由来のものが考えられるでしょう。
ピンとこない方は、ニキビ跡を思い浮かべてみてください。これは炎症による色素沈着の代表的なものです。
それと同じことがビキニラインやデリケートゾーンにも起こり得ます。

炎症が起きてしまう理由には色々ありますが、vライン周辺の場合は、蒸れたり、ムダ毛処理によるものが多いと思われます。
刺激すると色素沈着の可能性がたかまるので、かゆみがあるのなら、かゆみどめをぬるなどして、刺激しない工夫をするとよいでしょう。
既にできてしまった黒ずみをケアする方法としては、まず市販のデリケートゾーン専用ケアクリームを使うのが効果的です。

それらのクリームには美白成分など、黒ずみを薄くする成分が含まれており、悩みの解消に役立ちます。その効果から美白クリームと呼ばれることもあります。
ちなみに美白効果が強い成分として知られるのはハイドロキノンですが、これは陰部に使用するには刺激が強すぎるともされるので、肌が弱い方は避けたほうが無難です。
色々試してもどうにもならないという時は、恥ずかしいかもしれませんが、皮膚科にいくことをおすすめします。

vラインの黒ずみが気になる!何かいい方法教えて!記事一覧

vライン 黒ずみ クリーム

vラインやデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法、それを探している女性は多いです。さらに言うと、なかなか人に相談することもできず、ひとりで悩まれている方も多いことでしょう。部位が部位ですし、黒ずみは性行為のしすぎで起こるものだ、と間違った決めつけをしている男性もいます。そんな中、なぜ自分のvゾーン周...

≫続きを読む

vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素だということはご存知ですか。メラニン色素というと、日焼けで肌が黒くなる原因だという認識をしている方も多いと思いますが、実はメラニン色素が生成されるのは日の光を浴びた時だけではないのです。そもそも何故メラニン色素が生成されるかというと、それは肌を刺激から守る...

≫続きを読む

vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい、しかし専用の商品を買うのは恥ずかしい、そんな思いで、デリケートゾーン専用の商品ではないものでケアを考える人もいるようです。たとえば、ニベアが効果がある、特にニベアの青缶が効果がある、といった口コミがあるようですが、実際のところはどうなのでしょう。ニベアの青缶は、...

≫続きを読む

vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素にあります。紫外線によって生成されるもの、という認識をしている方も多いかもしれませんが、そもそもメラニン色素とは肌を守る天然の防御成分なのです。刺激を受けると、皮膚を守ろうとしてメラニンが作り出されます。紫外線はその刺激のひとつにすぎないのです。vライン周...

≫続きを読む