vライン 黒ずみ 市販

vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素だということはご存知ですか。
メラニン色素というと、日焼けで肌が黒くなる原因だという認識をしている方も多いと思いますが、実はメラニン色素が生成されるのは日の光を浴びた時だけではないのです。
そもそも何故メラニン色素が生成されるかというと、それは肌を刺激から守るためです。

日光にふくまれる紫外線は、肌にとっては刺激になるので、からだはメラニン色素を生成して皮膚を守ろうとする、というわけですね。
つまり、デリケートゾーンにメラニン色素が増える、すなわち黒ずむことの主な原因は、陰部が何らかの刺激を受けているということなのです。
陰部に与えられる刺激で一番多いのは、下着との摩擦だと言われています。

ちなみに、脚をよく動かすことも刺激につながるため、日常的に運動をしていたり、陸上部などに所属している、あるいはしていた場合、早いうちからデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるケースも多いのだそうです。
そんな黒ずみをケアするには、デリケートゾーン専用の黒ずみをケアするクリームを使用するとよいでしょう。

オロナインで黒ずみが改善された、という口コミもありますが、オロナインはデリケートゾーン専用品ではないので、できれば避けたほうが無難です。
オロナイン自体にメラニン色素を減らす効果はなく、オロナインで黒ずみが解消できたとすれば、角質を減らすことのできる作用によるものと考えられるでしょう。
摩擦による色素沈着では、同時に角質が厚くなるという防御反応が起きている場合があり、その奥のほうに黒ずみが定着している場合は角質ケアをすることも効果的だからです。

しかしこれは根本的な解決にはなりませんよね。
専用のクリームは美白効果のある成分をふくんでいるため、美白クリームとも呼ばれることがあり、様々なものが市販されています。
ふくまれている美白成分も、製品によって異なります。
ちなみに美白作用が非常に高い成分としてハイドロキノンが知られていますが、実は市販の美白ケアクリームの中にも、そのハイドロキノン入りのものがあるのです。

たとえばオバジHQがそうですね。
ハイドロキノンには、元はなかった色素沈着による黒ずみの色を元に戻す効果の他に、新しく生成されるメラニンの量を減らす効果があります。
ですがひとつ注意してほしいのは、効果が高いということは同時に刺激もつよいということです。

肌が弱い方、敏感肌の方はハイドロキノンは避け、効果の出方がゆっくりであったとしても皮膚に負担が少ないことを売りにしている商品を選ぶことをおすすめします。
もし自分で何をしても改善される様子がなかったり、早くなおしたいという場合は、皮膚科にかかると良いでしょう。
恥ずかしいかもしれませんが、お医者様しか処方することのできない薬もあります。

vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?関連ページ

vライン 黒ずみ クリーム
vラインの黒ずみに効くクリームが有れば。。vラインやデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を探している女性は多いです。さらになかなか人に相談することもできず、ひとりで悩まれている方も多いことでしょう。部位が部位ですし、黒ずみは性行為のしすぎで起こるものだと間違った決めつけをしている男性もいます
vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?
vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?デリケートゾーンの黒ずみを解消したい、そんな思いで、デリケートゾーン専用の商品ではないものでケアを考える人もいるようです。たとえば、ニベアが効果がある、特にニベアの青缶が効果がある、といった口コミがあるようですが、実際のところはどうなのでしょう
vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?
vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素にあります。紫外線によって生成されるもの、という認識をしている方も多いかもしれませんが、そもそもメラニン色素とは肌を守る天然の防御成分なのです。刺激を受けると、皮膚を守ろうとしてメラニンが作り出されます