vライン 黒ずみ 皮膚科

vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素にあります。
紫外線によって生成されるもの、という認識をしている方も多いかもしれませんが、そもそもメラニン色素とは肌を守る天然の防御成分なのです。

刺激を受けると、皮膚を守ろうとしてメラニンが作り出されます。
紫外線はその刺激のひとつにすぎないのです。
vライン周辺のデリケートゾーンに対する刺激としては、下着との摩擦や、継続されるムダ毛処理、過度に洗いすぎてしまうこと、蒸れなどによる炎症などが挙げられます。

それらを控えるだけでも、完全に解消するとまではいきませんが、少し薄くしたり、これ以上濃くしない効果は期待できますよ。
たとえば洗いすぎない、というセルフケアはすぐにできることですよね。
手で優しく洗う、専用の石鹸を選ぶ、というのが基本です。

黒ずみを改善するにはいくつか方法がありますが、市販のデリケートゾーン専用美白クリームを使うことはもっとも手軽でしょう。
美白成分の他に美容成分など、各種有効成分がふくまれており、黒ずみケアに加えて美容ケアもできますし、一番大きなメリットは、誰にも知られることなくひとりでケアができることでしょう。
もし自分ではどうしようもない、あるいは早く確実に黒ずみを解消したいと考えるのなら、美容クリニックで治療を受けるのも方法のひとつです。

クリニックでは、色素沈着を解消する治療法としてレーザー治療が採用されています。
何故レーザーで色素沈着、ひいては黒ずみをなおすことができるかというと、レーザーはメラニン色素に反応し、それを壊していく効果をもつからです。
摩擦による黒ずみの場合、刺激から皮膚を守る防御反応として角質が厚くなり、メラニン色素がその奥の方に定着している場合があります。

レーザーであれば皮膚の深い部分まで到達するので、的確に素早くメラニン量を減らすことが可能です。
ネックとなるのは、レーザーは効果が強い分、肌への負担も大きいです。
敏感肌の方などは、レーザー治療を受けることが難しい場合もあります。

なかなか悩みが解決されないのなら、皮膚科に行ってみましょう。
お医者様でないと処方できない外用薬もありますし、女性のお医者様がいる皮膚科を選べば比較的行きやすいかとも思います。
同じ女性であれば、悩みを共有することが比較的容易でしょうし、医師の視点から見る日常生活面でのアドバイスを受けることもできるかもしれません。
いずれにせよ、改善を求めるのなら、早めに動くことをおすすめします。

vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?関連ページ

vライン 黒ずみ クリーム
vラインの黒ずみに効くクリームが有れば。。vラインやデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を探している女性は多いです。さらになかなか人に相談することもできず、ひとりで悩まれている方も多いことでしょう。部位が部位ですし、黒ずみは性行為のしすぎで起こるものだと間違った決めつけをしている男性もいます
vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?
vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?オロナインで黒ずみが改善された、という口コミもありますが、オロナインはデリケートゾーン専用品ではないので、できれば避けたほうが無難です。デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素だということはご存知ですか
vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?
vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?デリケートゾーンの黒ずみを解消したい、そんな思いで、デリケートゾーン専用の商品ではないものでケアを考える人もいるようです。たとえば、ニベアが効果がある、特にニベアの青缶が効果がある、といった口コミがあるようですが、実際のところはどうなのでしょう