vライン 黒ずみ クリーム

vラインの黒ずみに効くクリームが有れば。。

vラインやデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法、それを探している女性は多いです。
さらに言うと、なかなか人に相談することもできず、ひとりで悩まれている方も多いことでしょう。
部位が部位ですし、黒ずみは性行為のしすぎで起こるものだ、と間違った決めつけをしている男性もいます。

そんな中、なぜ自分のvゾーン周辺が黒ずんでいるのかわからず苦しんでいる方もいると思うのです。
黒ずみの原因のひとつに、炎症があります。
炎症の理由は様々ですが、特に夏場は蒸れが原因になることも多いでしょう。

近年陰部のムダ毛を処理するVIO脱毛が女性のエチケットとも言われるようになり、そのメリットのひとつとして、蒸れにくくなり衛生的だ、というものがあります。
ですが、もし蒸れをなくそうと安易に自己処理に手を出してしまうと、対策になるどころか逆効果になるかもしれないので注意してください。
ようは、刺激することがいけないのです。

たとえば、蒸れることで陰部がかゆくなり、かいてしまう、このループが黒ずみをひどくしていきます。
黒ずみの根本的な原因はメラニンという黒い色素なのですが、これには皮膚を守る効果があるため、刺激を受けた肌は防御反応としてメラニンを生成する仕組みとなっているからです。

ここにもし、ムダ毛処理の刺激が加わるとどうなるかはもうお分かりですね。
特にカミソリなど、肌への負担が大きい道具を選んでしまうのは本当に危険です。
また、気にして過度に洗いすぎてしまうのも刺激になるので、注意が必要です。

効果的な対策は、なるべく触らないことや、肌への刺激が少ない天然素材の下着を選ぶことなどにくわえ、デリケートゾーン専用の黒ずみをケアするクリームを試してみることでしょう。
デリケートゾーン専用のケアクリームは市販されているので、比較的入手しやすいと思います。
美白成分や保湿成分などの有効成分がふくまれており、美容液のような感覚で使うことができるでしょう。

ちなみに美白効果のある成分はたくさんありますが、デリケートゾーンに適しているのは、トラネキサム酸や、ビタミンC誘導体といった刺激のすくないものだという意見があります。
美白効果のとても強い成分としてよく知られているのはハイドロキノンですが、陰部への使用に関しては、専門医の指示をあおいでから使ったほうがよいという意見が多いです。
たしかに美白効果は強いのですが、その分刺激も強いのです。
もし努力を続けても悩みが解消されないようであれば、皮膚科に行くことを強くおすすめします。

vライン 黒ずみ クリーム関連ページ

vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?
vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?オロナインで黒ずみが改善された、という口コミもありますが、オロナインはデリケートゾーン専用品ではないので、できれば避けたほうが無難です。デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素だということはご存知ですか
vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?
vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?デリケートゾーンの黒ずみを解消したい、そんな思いで、デリケートゾーン専用の商品ではないものでケアを考える人もいるようです。たとえば、ニベアが効果がある、特にニベアの青缶が効果がある、といった口コミがあるようですが、実際のところはどうなのでしょう
vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?
vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素にあります。紫外線によって生成されるもの、という認識をしている方も多いかもしれませんが、そもそもメラニン色素とは肌を守る天然の防御成分なのです。刺激を受けると、皮膚を守ろうとしてメラニンが作り出されます