vライン 黒ずみ ニベア

vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい、しかし専用の商品を買うのは恥ずかしい、そんな思いで、デリケートゾーン専用の商品ではないものでケアを考える人もいるようです。
たとえば、ニベアが効果がある、特にニベアの青缶が効果がある、といった口コミがあるようですが、実際のところはどうなのでしょう。

ニベアの青缶は、肌の保湿や外部刺激からの保護が本来の用途・効能です。
そして、デリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素にあります。
メラニン色素は、からだが自ら作り出すことのできる防御成分とも言えるべきもので、刺激を受けると生成される仕組みになっています。

日焼けで肌が黒くなる原因がメラニン色素だということは良く知られていると思いますが、これも日光にふくまれる紫外線が肌に刺激を与えたことにより、それに対抗するためメラニンが生成されることがそもそもの原因です。
陰部の色素沈着に関しては、下着との摩擦や、無理な自己処理、蒸れなどによる炎症、過度な洗浄、繰り返される脱毛・除毛処理などがメラニン生成の引き金となり得ます。

ここまで読んでお分かりかと思いますが、ニベアの青缶はデリケートゾーンの黒ずみを原因を根本的になおす効果をもっていません。
しいていうならば、外部刺激から患部を守ってくれるため、効果があるとされるのでしょう。
保湿して守ることにより、皮膚のターンオーバーが正常化されやすいというのも要因のひとつかもしれませんね。

しかし、スキアンケア商品ではあるものの、デリケートゾーンへの使用を考えられた専用品ではないということもありますし、きちんとした美白効果を求めるのなら、デリケートゾーン専用の美白クリームを使用したケアをおすすめします。
これらもニベアと同じように市販されているため、入手は難しくありません。
黒ずみの改善に効果のある美白成分の他、美容成分など、商品それぞれに特徴があります。

陰部の黒ずみ解消クリームの美白成分としては、刺激の少ないトラネキサム酸やビタミンC誘導体がおすすめだという意見があります。
前述したとおり、刺激をあたえないことが重要ですからね。
なるべく安い商品で悩みを解消したい気持ちもわかりますが、専用でない市販の商品を陰部に使ったことで何かトラブルが起きたとしても、それは自己責任になってしまいます。

改善効果を求めるのなら、専用品を使いましょう。
そして、自分ではどうにもできないと思ったら、早い段階で皮膚科にかかることをおすすめします。
医師にしか処方できない薬もありますから、長い目で見た時にどうしたら一番よいかよく考えてみてください。

vラインの黒ずみがニベアで消えるって本当?関連ページ

vライン 黒ずみ クリーム
vラインの黒ずみに効くクリームが有れば。。vラインやデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を探している女性は多いです。さらになかなか人に相談することもできず、ひとりで悩まれている方も多いことでしょう。部位が部位ですし、黒ずみは性行為のしすぎで起こるものだと間違った決めつけをしている男性もいます
vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?
vラインの黒ずみを解消出来る物は市販オロナインで良いの?オロナインで黒ずみが改善された、という口コミもありますが、オロナインはデリケートゾーン専用品ではないので、できれば避けたほうが無難です。デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素だということはご存知ですか
vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?
vラインの黒ずみは皮膚科に行かないと治らないの?デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素にあります。紫外線によって生成されるもの、という認識をしている方も多いかもしれませんが、そもそもメラニン色素とは肌を守る天然の防御成分なのです。刺激を受けると、皮膚を守ろうとしてメラニンが作り出されます