Vライン黒ずみ消す

Vライン黒ずみ消す

Vラインの黒ずみを改善する市販クリームはたくさんありますが、一体どれを選べばいいのでしょう。
たとえば、美白成分にも色々な種類があります。
各会社のクリームによって、ことなる成分がふくまれているため、どれが自分に合うのか見極めるのが難しいですよね。

ちなみに、美白効果について調べていくと、ハイドロキノンという美白成分が効果的だという意見が多く見られるかと思います。
また、化粧品に分類されるケア用品にそれを配合することが日本で認可されたのは比較的最近のことなので、ハイドロキノン入りクリームが重宝されるのもうなずけます。
たとえばオバジHQの美白クリームはハイドロキノン入りですね。

しかし、注意してほしいのは、デリケートゾーンに使うものはデリケートゾーン専用の商品を選んでほしいということです。
ハイドロキノンは確かに強い美白作用をもちます。
けれども、他の肌部分よりも敏感で皮膚の薄いデリケートゾーン付近への使用には、刺激がつよすぎるため向いていないという意見が多いのも現状です。
皮膚科などの専門医の指示・処方のもと、薬局で購入するような薬をつかう分には安心できますが、個人の判断でデリケートゾーン以外への使用を目的としている商品を陰部につかうのはやめたほうがいいでしょう。

オロナインがよい、という口コミもありますが、これもまた同じ理由で陰部への使用はさけたほうが賢明です。
それに、オロナインの場合は黒ずみを直接的に改善する成分をふくんでいません。
黒ずみの原因はメラニンという色素で、それが色素沈着をおこしてしまうことが問題なのですが、オロナインにはメラニン色素を薄くする働きはもっていません。

しいていうならば、保湿効果によって肌を保護し、それにより皮膚のターンオーバーを正常化させる効果はあるかもしれませんが、そもそもデリケートゾーン部分の専用品ではありません。
美白ケア製品だからといってなんでもつかっていいというわけではないし、口コミだけで美白ケア専用でない商品をつかうことは対策として適していないことがわかるかと思います。
デリケートゾーン専用の美白ケア製品は、肌への負担がなるべくすくない方法で黒ずみをケアできるように考えられています。

たとえばピーチローズという商品は、美白のための主成分をアルブチンとしています。
アルブチンとは、前述した美白成分ハイドロキノンとブドウ糖を結合したもので、ハイドロキノン単体では強すぎる刺激を少なくすることを可能とした、有用な成分です。
それだけでなく高濃度プラセンタなどの美容効果の高い成分もたっぷりふくんでいるので、黒ずみをケアしながら美容ケアを同時におこなうことが可能です。
しかし、もしもセルフケアでは改善がむずかしそうだと思ったら、皮膚科や美容皮膚科へいくことをおすすめします。

Vライン黒ずみ消す記事一覧

ビキニラインの黒ずみが気になる。クリーム市販

ビキニライン周辺の黒ずみをケアする市販の美白クリームは、実はたくさんあり、中にはドラッグストアなどでとても気軽に入手できる商品もあります。それだけビキニライン周りの黒ずみにお悩みの女性が多いのですね。しかし、種類がたくさんあるのはいいのですが、どれを選んだらよいのか困ってしまうかもしれません。ひとつ...

≫続きを読む

ビキニラインの黒ずみがどうしても気になる方は皮膚科へ相談

ビキニライン周りの黒ずみに悩んでいる場合、婦人科に行けばいいのか、と思う人もいるようですが、正解は皮膚科や美容皮膚科です。皮膚科では、医師の処方箋をたずさえて薬局をおとずれないと手に入れることのできない薬を用いた治療が受けられます。美容クリニックとも呼ばれることもある美容皮膚科では、レーザー治療を受...

≫続きを読む

ビキニラインの黒ずみを解消出来る市販で買える物は?

ビキニライン周りの黒ずみを解消するために一番ポピュラーなのは、市販のデリケートゾーン専用美白クリームを使うことだと思います。近年のデリケートゾーンに関するケア意識の高まりにより、こういった商品はドラッグストアなどでも気軽に入手できるようになってきました。とはいえ、首都圏と地方など、地域によっては事情...

≫続きを読む

ビキニラインの黒ずみを消す方法

ビキニライン周りの黒ずみを消すことを望むのなら、まず黒ずみがおきてしまう簡単なメカニズムを知るとよいでしょう。黒ずみの根本的な原因はメラニン色素です。このメラニンの色素沈着が、黒ずみとして目に見える症状となって現れます。メラニンは本来、皮膚をまもるために働く成分です。そのため、外部刺激に反応して生成...

≫続きを読む