ビキニライン 黒ずみ 消す

ビキニラインの黒ずみを消す方法

ビキニライン周りの黒ずみを消すことを望むのなら、まず黒ずみがおきてしまう簡単なメカニズムを知るとよいでしょう。
黒ずみの根本的な原因はメラニン色素です。
このメラニンの色素沈着が、黒ずみとして目に見える症状となって現れます。

メラニンは本来、皮膚をまもるために働く成分です。
そのため、外部刺激に反応して生成されるという特徴をもっています。
たとえばサイズの合わない下着やボトムスによる圧迫、摩擦などが刺激となりえます。
デリケートゾーンの皮膚は体の他の部位より薄く敏感であるため、ちょっとした刺激でも防御反応が働きメラニンが生成されてしまうのです。

また、ムダ毛処理による刺激は非常に大きく、皮膚のターンオーバーも乱れてしまう可能性があります。
皮膚のターンオーバーが乱れると、細胞の入れ替わりが遅くなってしまい、黒ずみがより消えにくくなってしまうという悪循環におちいりかねません。
特に毛を毛根から抜き去る脱毛という処理方法は毛穴にダメージを与えやすく、埋没毛などの炎症の原因になる可能性が高いですし、こういった炎症もまた色素沈着を招いてしまうのです。

黒ずみを消すためには、不要な刺激をなるべくさける工夫が効果的でしょう。
下着を天然素材のサイズがあったものに変えたり、ゆったりしたボトムスを選ぶ、気になるからと陰部をゴシゴシ洗いすぎないなどの方法が挙げられます。
また、それと並行してデリケートゾーン専用の美白クリームを使うのもよいでしょう。
こういったクリームは、デリケートゾーンに優しい比較的刺激の少ない美白成分をふくんでおり、同時に美容ケアもできるのが特徴です。

たとえばピーチローズという美白クリームは、美白効果の基本としてアルブチンという成分を採用しています。
これはハイドロキノンとブロウ糖を結合してつくられる成分で、それ単体では強い刺激のために陰部への使用がむずかしいハイドロキノンより刺激が弱く、そのうえ美白効果が期待できるという画期的な成分です。
その他にも高濃度ヒアルロン酸などの美容にうれしい成分をたくさんふくんでおり、保湿によって刺激につよい肌作りを実現したり、皮膚のターンオーバーを正常化させるというケア方法が一度で可能になります。

こういったクリームとあわせ、デリケートゾーン専用の石鹸をつかい、ただしい洗い方でもって陰部を洗うのもおすすめです。
こうすることで、気になるニオイ対策となる効果も期待できます。
ただ、もしセルフケアを続けても満足のいく効果が感じられないほど悩みが根深い場合は、皮膚科や美容皮膚科で薬やレーザーをもちいた専門的な治療をうけることをおすすめします。

ビキニラインの黒ずみを消す方法関連ページ

ビキニラインの黒ずみが気になる。クリーム市販
ビキニラインの黒ずみが気になる。クリーム市販。ビキニライン周辺の黒ずみをケアする市販の美白クリームは、実はたくさんあり、中にはドラッグストアなどでとても気軽に入手できる商品もあります。それだけビキニライン周りの黒ずみにお悩みの女性が多いのですね
ビキニラインの黒ずみがどうしても気になる方は皮膚科へ相談
ビキニラインの黒ずみがどうしても気になる方は皮膚科へ相談。ビキニライン周りの黒ずみに悩んでいる場合、婦人科に行けばいいのか、と思う人もいるようですが、正解は皮膚科や美容皮膚科です。皮膚科では、医師の処方箋をたずさえて薬局をおとずれないと手に入れることのできない薬を用いた治療が受けられます
ビキニラインの黒ずみを解消出来る市販で買える物は?
ビキニラインの黒ずみを解消出来る市販で買える物は?ビキニライン周りの黒ずみを解消するために一番ポピュラーなのは、市販のデリケートゾーン専用美白クリームを使うこと。近年のデリケートゾーンに関するケア意識の高まりにより、こういった商品はドラッグストアなどでも気軽に入手できるようになってきました